美容室の開業資金はいくら?

wellmode_koshiki

美容室の開業について必要な資金について紹介しています。美容室の開業に必要な初期費用や、その後の毎月の運用費用についても記載していますので、美容室を開業するかどうか悩んでおられる方、ご参考にどうぞ

美容室の開業資金にはいくら必要?

美容室の開業資金は1000万〜2000万円

美容室を新しく開業する際には、テナントの賃料や内装工事など店舗の用意にかかる費用や、カットやシャンプー用の椅子、鏡の購入などが必要となります。
そのほか、月々の運転資金や、広告宣伝費も用意しておく必要があります。
そのため、美容室を新しく開業する場合には、1000万円〜2000万円と、かなり高額な資金が必要となってきます。

美容室の開業資金にはどんなものが必要?

美容室を開業するまでの初期費用

美容室を開業する場合の初期費用の例は、以下のようになっています。
内装費、外装、電気・ガス・水道などの設備工事は、飲食店など一般的な店舗の場合は一坪当たり20万円が相場とされいます。しかし、美容院の場合は、シャンプー代が複数必要であったり、内装を凝る場合が多かったりと、世間一般のお店の工事費用よりも費用が高くつく場合が多くなっています。
また、広告宣伝費とは、HPの制作費や、ビラやチラシの制作費用となっています。

項目 金額
セット椅子や鏡など、必要な備品の費用 200万円
不動産仲介手数料 30万円
礼金 30万円
家賃 30万円
内装費、外装、電気・ガス・水道などの設備工事 700万円
シャンプーやカラーリングなどの消耗品 50万円
広告、宣伝費 50万円
合計 1060万円

美容室の毎月の運転資金

美容室を開業する場合は、初期の開業資金だけではなく、その後の運転資金をある程度用意しておくとよいしょう。
美容室を開業して最初の頃などは、思わぬ出費が必要となる場合もあるため、数ヶ月分の運転資金を用意しておくことができれば安心です。
美容室の毎月の運転資金として必要となる費用の例は以下のようになっています。

項目 金額
家賃 30万円
シャンプーやカラーリングなどの消耗品の仕入れ費用 30万円
人件費 50万円
水道、光熱費 20万円
合計 130万円

美容室の開業に必要は資格は?

美容師は、お客の髪の毛のカットやカラーリング、パーマ、シャンプーなどを行い、お客の髪のお手入れをする仕事です。
美容室を開業するには、「美容師免許」の取得が必要となります。美容師免許は国家資格となっており、取得には2年間美容専門学校に通い、所定の課程を修了したのち、国家試験に合格する必要があります。

美容室の開業資金についてのまとめ

美容室の開業に必要な資金は1000万〜2000万円が相場となっています。
美容室の開業に必要な資金としては、店舗の準備にかかる費用や、セット椅子や鏡など必要な備品の購入費用が大半となっています。
また、そのほかカット後に行うシャンプーの費用や、髪染めを行う場合のカラーリングの費用、スタッフの人件費など、毎月の運用費用も100万円以上が必要となります。
美容室を開業する場合、自己資金が開業資金に満たない場合は開業できないと考える人がいらっしゃいますが、銀行などから融資を受けることで開業資金を集めることも可能となっています。
ただし、美容室を続けていくためには、開業資金だけでなく、毎月の運転費用にも100万以上が必要となるため、売り上げをどうやってあげるかなど、しっかりとした事業計画を立てておくことが重要となっています。

費用・相場の記事一覧はこちら
カテゴリー